2021.03.03

Twitterで拡散した「大量閉店が起きたことを示すテナントビルの看板画像」はミスリード

編集部
ファクトチェック コロナ

3rd Opinion  編集部

3rd Opinion
編集部

factcheck

2021年2月27日、Twitter上で「大量閉店が起きたことを示すテナントビルの看板画像」が投稿された。

2021年3月3日の14時16分時点で8,578件のリツイートが行われ、2.8万件のいいねを獲得している。

調査の結果、このビルは建て替えのためテナントが閉店や移転をしているということが判明した。ツイート中にその事実が記載されていないことにより、誤解を招きやすい内容となっているため「ミスリード」と判定した。

以下、今回の事象について概要及び調査結果を記載している。なお、発行元のデジタル・クライシス総合研究所はファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)のメディアパートナーに加盟しており、この記事はFIJのレーティング基準に基づいて作成したものである。

 

ファクトチェックの対象

六本木にて

ドン引きですわ

(2/27 13:21 「@1028_0nly1」がツイート)

 

結論

【ミスリード】

六本木のテナントビルの案内板の画像である。
ツイート主はテナントの大半が閉店したのを見て「ドン引きした」とツイートしている。

新型コロナウイルス感染拡大とともに外食産業の苦境が報じられていることもあり、その影響で閉店したと示唆しているように取れるが、このテナントビルは以前から老朽化のため建て替えが計画されていた。
そのため各テナントは計画的に閉店したものであるが、このツイートには「建て替えのため閉店している」という重大な事実が欠けている。
このことから「ミスリード」と判定した。

拡散源

対象の媒体:Twitter
対象URL:https://twitter.com/1028_0nly1
対象ツイートURL:https://twitter.com/1028_0nly1/status/1365517308622299142
投稿日:2/27 13:21
拡散量:リツイート8,578、引用リツイート807、いいね2.8万

 

ツイートの画像

1
Twitterより

 

拡散要因

新型コロナウイルスの外食産業への影響が取り沙汰されており、関心のある人が多かったことから情報が拡散したと想定できる。

 

拡散経路や時系列の動き

2/27 13:21 当該ツイートが投稿される
2/27 20:30 フォロワー数を6,768人有するアカウントがリツイート
2/28 9:00 フォロワー数を1万人有するアカウントがリツイート
2/28 19:40 フォロワー数を7,410人有するアカウントがリツイート

 

当該ツイートが投稿された後、複数のフォロワー数千~数万人を有するアカウントにリツイートされていることが確認できた。

 

 

投稿分析

調査概要

「六本木」AND「閉店」「プラザビル」で検索を行い、拡散されている投稿やキーワードを調査した。

■調査ツール:TDSE提供のソーシャルアナリティクスツール「Netbase」を使用
■調査対象:「六本木で大量閉店が起きたことを示すテナントビルの看板画像」に関する投稿
■調査キーワード:「六本木」AND「閉店」「プラザビル」
■調査期間:2/24~3/3
■取得言語:日本語

※Decahoseとは、ツイートデータの10分の1の母集団のこと。10分の1のデータを実態に近い数値にスケーリング(拡張)して調査。
※その他の仕様は「Netbase」の仕様に準拠。

以下は投稿数推移であり、27日に投稿数が増加していることがわかる。

グラフ
※調査概要を基に編集部作成

拡散ツイート

3月2日に当該ツイートの内容についての投稿が見られた。

tw
Twitterより

3月3日に再び投稿数が伸びているが、上記のように当該ツイートの検証結果について投稿されたため増加していると考えられる。

 

サイト別分析

Twitter以外の媒体を確認すると、「爆サイ」で関連投稿が多く確認された。

六本木についての話題が多く見られたが、当該ツイートと同様の画像は見当たらなかった。

サイト別
※調査概要を基に編集部作成

 

調査結果詳細

当該ツイートのリプライ及び引用ツイートを調査したところ、「コロナの影響」「医療崩壊を過度に喧伝して飲食業界の崩壊を放置しているのはかなりマズいような」といった意見が多数見られた。

2
Twitterより
3
Twitterより

 

これに対して、リプライの中に「ビルを取り壊すらしい」との情報があった。

4
Twitterより

 

当編集部でも調査を行った。

該当のビルは六本木プラザビルであるが、このビルのホームページはないため、入居していたテナントから調査したところ、マハラジャ六本木のFacebookに「六本木プラザビルの建て替えに伴い閉店」との記載があった。

 

また、昨年7月30日の時点で同様のツイートが投稿されていることが確認できた。

1
Twitterより

このツイートのリプライでも「建て替えのため」との指摘があった。

その後昨年11月にも同様のツイートが拡散しており、過去に何度か話題になっている画像と判明した。

新型コロナウイルスの影響で、外食産業が厳しい状況にあることは周知されている。
そのような状況で、テナントが大量閉店している画像を見れば新型コロナの影響かと思うのは無理もない。

だが、今回の事例は新型コロナ以前より計画されていた建て替えのための閉店である。
当該ツイートにはその事実の記載がないため、多くの人に誤解を招く結果となってしまった。

また、当該ツイートはリプライで「建て替えのため」との指摘が多数されているが、2021年3月3日時点でツイートしたアカウント「@1028_0nly1」からは情報の補足や訂正はされていない。

 

結論

当該ツイートに関しては、

①ツイートの情報不足を指摘する情報が見られる
②調査の結果、「六本木プラザビル」は建て替えのため、テナントが閉店・移転している
③当該ツイート内に「建て替えのため閉店」との記載がなく重大な事実が欠けている

ことがわかった。

以上から「大量閉店が起きたことを示すテナントビルの看板画像」は「ミスリード」と判定した。

この記事を書いたライター