2021.02.17

Twitterで拡散した「オランダでは、89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否」したという情報は根拠不明

編集部
ファクトチェック コロナ

3rd Opinion  編集部

3rd Opinion
編集部

オランダでは、89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否

2021年2月12日、Twitter上で「オランダでは、89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否」という情報が投稿された。

フォロワー数を2,572人有するアカウントから発せられた情報であり、2021年2月16日の17時15分時点で3,234件のリツイートが行われ、5,044件のいいねを獲得している。
調査の結果、オランダで89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否したという証拠はつかめなかったため「根拠不明」と判定した。

以下、今回の事象について概要及び調査結果を記載している。なお、発行元のデジタル・クライシス総合研究所はファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)のメディアパートナーに加盟しており、この記事はFIJのレーティング基準に基づいて作成したものである。

 

ファクトチェックの対象

オランダでは、89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否

アメリカの全看護師のうち60%が拒否

イギリスの医療従事者の1/3が拒否

ノルウェー、スイスでは65才以上に打つことを中止

世界医師連盟から12万人の医師・看護師がワクチンを
拒否し、我々にも接種しないよう忠告

(2/12 19:12)

 

結論

【根拠不明】

各国の医療従事者が新型コロナウイルスワクチンの接種を拒否したという内容である。
ツイートには当情報の元となった文書の画像が添付されているが、URL等は示されていない。
また、調査を行った結果、オランダで87,000人もの医療従事者がワクチン接種を拒否したとの情報は得られなかっため「根拠不明」と判定した。

拡散源

対象の媒体:Twitter
対象URL:https://twitter.com/ryo12700016
対象ツイートURL:https://twitter.com/ryo12700016/status/1360169905228640257
投稿日:2/12 19:12
拡散量:リツイート3,234、引用リツイート243、いいね5,044

 

ツイートの画像

tweet
Twitterより

 

拡散要因

・ツイートしたアカウントのフォロワーが2,572人であること
・日本でも新型コロナウイルスのワクチン接種が開始される予定であるため、関心のある人が多かったこと

以上から情報が拡散したと想定できる。

 

拡散経路や時系列の動き

2/12 19:12 当該ツイートが投稿される
2/12 19:13 フォロワー数を552人有するアカウントがリツイート
2/13 6:16 フォロワー数を576人有するアカウントがリツイート
2/14 10:30 フォロワー数を9,293人有するアカウントがリツイート
2/14 14:10 フォロワー数を2.6万人有するアカウントがリツイート

 

当該ツイートが投稿された直後は、フォロワー数百人程度のアカウントにリツイートされていたが、翌日の2/14以降は複数のフォロワー数千~数万人を有するアカウントにリツイートされていることが確認できた。

 

 

投稿分析

調査概要

「オランダ」AND「ワクチン」「拒否」「89000人」で検索を行い、拡散されている投稿やキーワードを調査した。

■調査ツール:TDSE提供のソーシャルアナリティクスツール「Netbase」を使用
■調査対象:「オランダでは、89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否」という内容に関する投稿
■調査キーワード:「オランダ」AND「ワクチン」「拒否」「89000人」
■調査期間:2/10~2/15
■取得言語:日本語

※Decahoseとは、ツイートデータの10分の1の母集団のこと。10分の1のデータを実態に近い数値にスケーリング(拡張)して調査。
※その他の仕様は「Netbase」の仕様に準拠。

以下は投稿数推移であり、13日に投稿数が増加していることがわかる。

グラフ1
※調査概要を基に編集部作成

拡散ツイート

拡散しているとは言えないが、1件以下のような投稿がみられた。

拡散ツイート

内容は当該ツイートとほぼ同一であり、後日自分自身のツイートをリツイートしていた。

投稿日時が当該ツイートよりも後であることから、当該ツイートの内容をコピーしたものと思われるがそのような表記はない。

投稿者が同一人物であり、複数のアカウントで情報を拡散させようとした可能性もある。

疑義言説(デマ・フェイクニュースの疑いがある情報)が確認された場合は類似情報にも気を配るべきだろう。

 

サイト別分析

Twitter以外の媒体を確認すると、「アメブロ」で関連投稿が多く確認された。

日本でのワクチン接種について書かれた記事が大半であったが、「オランダで89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否」という内容が記載された記事が1記事だけ発見できた。当該記事はそのことについて触れただけで、独自の意見や主張は見当たらなかった。

メディア別
※調査概要を基に編集部作成

 

調査結果詳細

当該ツイートのリプライ及び引用ツイートを調査したところ、「情報の出どころが不明」といった意見が多数見られた。

1
Twitterより
2
Twitterより

 

このようなリプライに対し、「世界医師連盟のElke De Klerk博士によるもの」との情報があった。

3
Twitterより

 

この情報には、ファクトチェックサービスを提供しているイギリスの企業Logically(ロジカリー)の記事が添付されていた。

Logically: https://www.logically.ai/factchecks/library/d6ef4e50

 

Logicallyのファクトチェック記事では、「オランダで、87,000人の看護師がCOVID-19ワクチンを拒否するという証拠はありません。」と結論付けている。

 

当編集部でも調査を行った。

Googleで「オランダ」「ワクチン」「拒否」で検索を行ったが、当該ツイートが主張する「オランダでは、89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否」との情報の発見には至らなかった。

 

また、当該ツイートにある他の情報についても調査したところ、内容に誤りが見られた。

・アメリカの全看護師のうち60%が拒否

Forbes JAPANの記事によると、「オハイオ州のワクチンの優先接種の権利を与えられた介護施設の職員の約60%が、接種を拒否している」とのことであり、「アメリカの全看護師」ではない。

参照:

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a5e7144a2ef8dd26e56290284bad28d62d372b8

 

・イギリスの医療従事者の1/3が拒否

イギリスの若者のなかにワクチン接種を拒否する人がいるとの情報が見られたが、医療従事者の1/3が拒否したとの情報は発見できなかった。

参照: https://president.jp/articles/-/41428?page=1

 

・ノルウェー、スイスでは65才以上に打つことを中止

「ノルウェーとデンマークの保健当局は、アストラゼネカ社の新型コロナウイルスワクチンを65歳以下だけ接種することに決定した」との情報を発見した。

スイスにおいては、アストラゼネカ社の新型コロナウイルスのワクチンについて承認保留している。

参照:https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0204/10286979.html

 https://www.yomiuri.co.jp/medical/20210204-OYT1T50140/

 

・世界医師連盟から12万人の医師・看護師がワクチンを拒否し、我々にも接種しないよう忠告

5
Twitterより

「世界医師連盟」とは新型コロナの存在を否定する団体であるが、その実態は明らかになっていない。

構成員についても謎に包まれているため、12万人もの医師・看護師が所属しているかは不明である。また、リプライでも指摘があるように、看護師も所属できるのかも不明である。

組織の詳細が明らかになっていない以上、この主張も疑わしい。

 

上記のように、ツイート全体をみても内容の信頼性は低いことがわかった。

 

結論

当該ツイートに関しては、

①ツイートの内容を否定する情報が見られる
②調査の結果、「オランダで89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否」したという根拠がない
③当該ツイート内の他の情報についても誤りが多く、内容の信憑性が乏しい

ことがわかった。

以上から「オランダでは、89,000人の医師と看護師がワクチンを拒否」については「根拠不明」と判定した。

この記事を書いたライター